A TEXT POST

【初心者】ブログ、webサイト作成したい人【その2】

前回、【その1】
サイト作成ツールを選ぶ上での特徴を大まかに書きました

これをふまえて、あるいはすでにサイトを持った方の
おそらく今後ぶつかる壁をあげてみました
解決に役立てるといいな。

・すべてが初めてでやり方がわからない。
  →まずブログから入りましょう
    デザインをいじる必要もなく記事を書く、画像を載せるまでは
    手順に従って簡単にできるはずです
    難しいこともないので徐々にわかってくるかと思います

・更新が少ない、めんどうになる。
 →ブログでの更新をおすすめします。
   何よりアップ、カスタマイズの手間が少なく
   ケータイなどの端末からのメールなどでも更新が可能です

・ブログサービスの広告やデザインが嫌。
・ブログではない、webサイトが作りたい。
 →このあたりからWebサイトへ移行します
   htmlを書くことができればデザインも自由です
   また、簡単に作成できるサービスもあります

・かっこいいサイトデザインができない。
 →デザインを重視すると、テンプレートを使うのが早いです
   Webサイト作成サービスや、
   難易度が上がりますがWordPressもいいデザインがあります

・する~っと動いたりする、動的なサイトが作りたい。
 →Java script、jQueryなどを打ち込むなどして使うので
   htmlやcssを編集する必要があります
   Webサイト作成サービスでカスタマイズ、
   WordPress、自力になります


実はWordPressについての知識があまりないので
多少上記の内容にズレがあるかもしれませんが
だいたいこんなもんだと思います

悩めるサイト作りたい人たちに幸あれ・・・!


おしまい
A TEXT POST

【初心者】ブログ、webサイト作成したい人【その1】

自作のイラストや小説をwebにアップしたい!
というみなさん

今やpixivやTINAMIやDeviantArtなどなどのwebサービスのおかげで
手軽に披露できる場が増えてきました

が、「自分のサイトが作りたい」という人が必ずいるかと思います
私もそうでした

そこで
「サイトを0から作るのは難しい?」
「あの作家さんのサイトみたいにしたい!」
「ブログ?webサイト?どっちがいいかな・・・」
などの
問題を解決する!ことができたらいいな!
そんなまとめです

 

はじめに
サイト作成ツールを
ブログ / Webサイト作成サービス / WordPress / 自作html
の4つに分けて、特徴を大まかに紹介します。
自分にあったものを選びましょう。


ブログ
・難易度:楽
・初心者向けで読みやすい
・SEO(集客)機能はなし。難しいカスタマイズが必要
・広告も入りデザインがダサいものが多い
・カスタマイズの限界がある
・十分なカスタマイズがないとブログ内記事も探しづらい


webサイト作成サービス
・難易度:楽~難
・かっこいい(わりとシンプル)デザインが出てくる
・広告が入る場合も
・SEO(集客)効果のあるサービスは有料かも
 難しいカスタマイズが必要
・カスタマイズは難易度は上がるがやや可能
・日本語でのサービスはまだ少ない


WordPress
(ブログを自作するツールのようなものです)
・難易度:普~難
・上級カスタマイズが可能に
・html、css、phpを知らないと困難
・SEO(集客)はちょいと調べれば可能になってくる


html
(Webサイトを作るマークアップ言語です)
・難易度:難
・腕次第で超かっこいいデザイン
・腕次第でSEO(集客)も
・カスタマイズが全て。労力がでかい
・納得が行く出来までには時間がかかる



以上のポイントから、図にしてみました
参考にサイト作成を検討してみてください。

image



おしまい



A TEXT POST

注文の多い2DCGデザイナーが就活をしてみた

昨日就職活動としてエージェント会社さんを訪問しました。
エージェントさんへは、

・2DCGデザイナー
・スマートフォンネイティブゲームアプリ開発
・非「美麗カードゲーム」系
・得意分野はデフォルメキャラクター、ゲームアイテム
・残業は少なめ
・海外市場に強い、または強化中
・小企業、または新規プロジェクト案件

といったような条件でお仕事を紹介していただきました。
この面談で要点になった4点のQ&Aをまとめます。



残業をしたくないです。
→たぶん無理かな。
特に希望していた小企業、または新規プロジェクト案件は
時間も人数も限られ社内での作業のため責任が重く仕事が多い。
少なくて月30~40時間、多くてそれ以上・・・というお話でした。
この残業を免れる方法は派遣社員、契約社員として働くこと。
また業務委託であれば、自分のプロジェクト以外の仕事で残業…という事はなくなります。 



海外市場で戦える?
→成功する企業が増えてきました。
これらの仕掛けや戦略をしてきた企業が海外市場での成功を収める例が出始めていました。
また、これから業務提携をして新しいモデルの開発に乗り出した企業、
特化した技術者が集まり次第踏み切る計画を立てる企業などもあり、増えていく傾向にあります。



ソーシャルカードゲームじゃないネイティブアプリを作れる?
→成功する企業が増えてきました。
ソーシャルカードゲームの成功は国内の印象が強く、世界進出もまだ僅かです。
さらに課金層の8割は東アジアが中心でした。
しかし海外進出が成功し始めたということは、海外でウケる方法を身につけ始めたということです。
これを応用した「ソーシャルカードゲームじゃないネイティブアプリ」は今後増えていくと予想できます。



描ける絵のジャンルは狭くてもOK?
→小さい会社やプロジェクトでは問題視されるかも。
得意分野が広いことに越したことはありません。
「得意分野が狭いがピカイチの腕がある」場合は、スタッフの多いプロジェクト内であれば
認められる可能性は高いでしょう。




発見が多くありました。
ITに特化した方が担当して下さり、知ることのできない企業の内部事情や
新プロジェクトなども教えていただけました。

仕事を探すのは最もですが、私は足りない面接で話す力をつけなければ・・・・・・
A TEXT POST

「人生は出会い」←ピンと来ない。人生とは?

「人生は出会い」、若い私はピンと来ませんでした。
出会いは人と人がするものを指していると思っていたので、
そんな人脈ないし・・・という具合でした。

それも出会いの一つですが、
出会い=生まれてからのすべての出来事
であり、生まれてからのすべてが人生の成分になっていると思いました。

例えば私だと最大の出会いは「お絵かき」で、
お絵かきに出会ったから、
毎日絵を書いて、同じような友達ができて、
一緒にマンガを売るイベントを知って、描いたり売ったり客になったり・・・

誰でもそんな風にいろんな出会いで人生が変わっていくと思ったのです。

ある人がtwitterで言った、
「目の前のことをひたすらやってれば、何かしら身について実になる」
という言葉を見て、正しく!と強く共感しました。

私は、自分が何がやりたいのか、何のために生きるのか、
語れる自分でありたいです。
なんとなく時間を過ごしている、これからに疑問を持ってもやもやする、
特にやりたいことがないなどの人を見ると、やっぱり寂しいです。

A TEXT POST

簡単で伝わるあったかい宣伝、フリーマガジンを配るという方法

webサイト、ブログ、メールマガジン、facebook、twitter、などなど
みんなに知って欲しいことを発信する場はたくさんあるけれど
(もちろん宣伝としても)
冊子にして無料で配った方がいました。
かさこ たかさん「かさこマガジン」
「私は多くの人に読んでもらいたいから記事を書いている。
それがメルマガか有料メルマガみたいに、
読者数が減ってしまうなんて本末転倒だ。」
マガジン発行に関する記事
有料メルマガはブロガーの成長を止める~有料メルマガに頼らない私の方法

ことり寧子さん「ことり冊子」
「A5・12ページの自己紹介ブックです。
自分にできること・作ったもの・活動を通しての思いなど、
ぎゅっとミニマムにまとめました。冊子本体・送料とも無料です。」
http://neuneu.penne.jp/n/
フリーペーパーにも似ていますね
確かにこれは、手にとってもらえて、インパクトがあって、伝えやすいです
画面上で見るだけより、印象も親近感も変わります
人は、画面上より紙の上の文を読んだ場合の方が、内容が記憶に残るとも言われています
さらに手に入ればいつでも見れます。これは大きい。
A TEXT POST

「将来の夢を叶えるために努力する」覚悟ができない人へ


自分ののやりたいことはなんだ?
というところから、

本当にやりたいこと
そのためにやるべきこと
仕事にすること
趣味でやること・・・

マンガ、アニメ、ゲームが好き、絵と描くことが好き、デザインが好き・・・
に限らず、夢が広がりんぐの我々には
何度も突き当たり、その度に悩むことだと思います



まだ悩んでしまう、覚悟の決められない夢見る我々が
その度に必ずすべきこと


.やりたいことに、どこまでも「それはなぜ?」と理由を突き止める

.なりたい自分になるための道を調べてできるだけ多く見つける

.孤独なままどこまでも努力できる自信をもてるかどうかを
  わかるまで業界の状況を調べる

.業界人に会う、話を聞く

.自分の置かれている環境で自力できる最大限の努力がなんなのか把握する

.自分だけの個性、得意なことを見つける

.1~6を経て、まとめ、他人に口と文章で伝えたとき納得されるものにする。


成功するためには、矛盾や抜け落ちがないことが何よりも大事だと思います
たとえ運が勝負の世界でも、もしものためにすべてを揃えているのがプロです


1.
なぜやりたいのかをどこまでも掘り下げられないうちは、またきっと
なぜやりたかったんだろう・・・という壁にぶつかります

2.
例えば「人気漫画家になりたい!」の場合
いい絵を描くため、いい話、いい演出、いい言葉、色、世界、キャラクター・・・
漫画を構成する全てのアイテムをいいものにするために
いろんな修行ができるはずですし、するべきなのです
それをできるだけ多く洗い出します

3.
例えば長時間残業、低収入、貧しさ、他人との比較そのたもろもろ
大丈夫!耐えられる!と口で言うのは簡単なので
先人の知恵や経験をよく聞くべきです
また予想もしないところで体や心にガタがきたりもします
自信を持てる根拠が欲しいです

4.
成功している人を見て、凹んだらおしまいです
聞き出せるすべてのことを聞き、メモし、吸収しましょう

5.
できるだけ他人に迷惑をかけずに自力で修行をすることになります
時間やお金が絡んできて、時には制限される現実を見なければいけません
簡単に言うと、貧乏では美大に行けません。独学で頑張りましょう。

6.
だれかの真似事で成功するのは難しいです
自分だけの感情、価値観、絵などをいいものに磨いていくことになります
これが「センス、才能」というものだと思っています

7.
夢物語を100人に話して100人に「夢物語だ」と言われるうちは
夢物語でしょう
成功する人たちは皆納得されて、信頼されて、支持を得ているから動けるのです


あとは、修行の計画を立てて孤独と戦いながら
日々進化を遂げるだけです!ね、簡単でしょ!笑


参考
海外で活躍する日本人の共通点から見えてきたこと
http://matome.naver.jp/odai/2134732454401593901



【?】コメント受け付けております なんでもどうぞ!

A TEXT POST

「マンガ、アニメ、ゲームの将来」の、「海外で売ること」

マンガ、アニメ、ゲームなどの遊びコンテンツで
海外に進出したい。
ということで
これらの日本製遊びコンテンツの海外への将来についてまとめました。

※特にここでは海外向けの状況になるので
 国内の状況はあまり触れません。


初めに結論
現在、日本の遊びコンテンツの海外進出勢力は、右下がりでした。
「クールジャパン」という
日本の遊びコンテンツが世界でお祭り騒ぎになった時期がありましたが
これは2006年がピークでした。



なぜか

まずマンガから。
日本のマンガ輸出の衰退は
マンガの海外輸出ができても、日本の「稼ぐための戦略」が足りなかった
ためです。
1.マンガを無料でDLする「割れ」の大きな存在
2.海外と日本で食い違うマンガ内の世界観設定と国民性
3.言語の違い、縦読みと横読みの違い

3は、理由としては少し弱いですが、1と2は大きいです。
1について。
広すぎる海外で、マンガが違法で無料で取引されていくのを、
日本は止めることができませんでした。
時間と労力がかかりすぎるためです。
2について。
海外での日本漫画売り上げランキングでは、
世界中の誰でも共感できる、または想像できる、楽しめるような
世界観やキャラの心理設定の漫画が多いです。
日本人にしかわからない世界(NARUTOは例外)や気持ちは
海外では読まれません。
1や2の理由があっても、日本はもう少し売ることができたはずです。
しかしその戦略を十分に発揮できなかったために、衰退していきました。
今では日本政府がクールジャパンを押す制作を練っていますが、
どういう動きになるのでしょう・・・



アニメ
衰退理由は
1.マンガを無料でDLする「割れ」の大きな存在
2.それぞれの国でアニメを作り始めたため
3.海外と日本で食い違うマンガ内の世界観設定と国民性

マンガとほぼ似ていますが、特に1については深刻で、
アニメ動画を無料視聴できる割れサイトが、多数存在しました。
2について。
海外のアニメクリエイターは、3Dで素早く安価に作れるアニメに特化しています。
彼らは彼らの産業を守るため輸入を減らしました。
ただ、その3Dアニメに不満を持つ日本製2Dアニメコアファンも
まだ多くいるそうです!笑



最後はゲーム
ゲームは、完全に海外市場においては日本製品は弱いです。
海外でももう十分にゲーム産業が発達しているためです。
さらに家庭用ゲームは、スマホゲームの台頭と激しい競争で押されています。
日本製のスマホゲームタイトルも、海外で売れているものは少しはありますが、
やはり海外勢の多さと強さにはかないません。
日本製にブランド価値がありません・・・



海外で売るには
「海外で売ること」、はもう難しいようです。
「国内で売ること」と同じように、
これまでの問題をクリアした新しい売り方がなくてはいけません。
海外勢に勝つクオリティで、黒字でなくてはなりません。
残念な結果でした。



参考
日本マンガ・アニメの海外普及について
http://togetter.com/li/489061
http://togetter.com/li/489193

MANGA、宴のあとで
http://globe.asahi.com/feature/110207/index.html

経産省・総務省の「「コンテンツ海外展開の促進に向けた施策」についての考察
http://taroyaguchi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_9505.html

まつもとあつしの「メディア維新を行く」21~23回
http://ascii.jp/elem/000/000/595/595846/
http://ascii.jp/elem/000/000/599/599433/
http://ascii.jp/elem/000/000/602/602822/

日本マンガ・アニメの海外普及について
http://togetter.com/li/489061
http://togetter.com/li/489193

海外のオタク「アニメ業界は海外市場にもっと目を向けるべきだと思う?」
http://blog.livedoor.jp/poterobo/archives/6621814.html

Twitterでクールジャパン予算の使い途議論される
http://yukan-news.ameba.jp/20130405-316/

米国の日本アニメイベント成長続く 2012年最大はアニメエキスポ約5万人
http://animeanime.jp/article/2013/01/14/12677.html

PS4発表会に見るゲーム王国日本の終焉、そしてソニーのゲームハード撤退戦略:ゲーキャス トシのゲームを語るぜ!3
http://www.gamecast-blog.com/archives/65734407.html

パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/17/news087.html

コンシューマからオンラインゲーム開発者へ転身したDropWave本城氏が語る,「ゲームプランナーの基礎知識」。想いは日本発のオンラインゲームを世界へ
http://www.4gamer.net/games/131/G013104/20110912079/

エンターブレイン・浜村弘一による講演”ゲーム産業の現状と展望 2012年秋季 ~クラウドゲーム開幕、ソーシャルアプリ第二幕~ 止まらないゲーム産業”が開催
http://www.famitsu.com/news/201210/12022707.html



A TEXT POST

「マンガ、アニメ、ゲームの将来」と、「将来の夢はクリエイター」

本文
「マンガ、アニメ、ゲームの将来」の、「海外で売ること」
http://osamaru.tumblr.com/post/50155691795
のあとがきです。



なぜまとめたし

今、海外向けスマホゲームアプリ開発のグラフィックデザイナーを経験して
海外向け遊びコンテンツにこれからももっと関わりたいと強く思いました。
「将来の夢は海を超えたグラフィックデザイナー」!
というところ

そのために今自分ができる最大の修行として
これからも遊びコンテンツを作っていく組織の中で
技術や知識や経験を身につけていきたいのです。

これから日本にある遊びコンテンツに関わっていくために
そしてそこで私が海を超える力を付けるために
日本の代表遊びコンテンツ「マンガ、アニメ、ゲーム」の将来について
まとめました。



日本→海外へのコンテンツ

まとめて思ったことは
日本に居ながら海外市場を狙うマンガ、アニメ、ゲームは
数少ないということ。
実はたくさんある、としても、
公に「マンガ、アニメ、ゲーム」市場の記事にされる、
目に留まるほどの注目はもうないのでしょう。
やはりクールジャパン自体は、終わりを迎えているのですね。



「将来の夢はクリエイター」

マンガ、アニメ、ゲームの国内での需要はまだまだ高い。 クリエイターにはまだ色んな形の未来があります。
「将来の夢はクリエイター」な我々は、かっこいいものを沢山つくるだけではなく
新しい売り方で日々稼がなければならない、
そこまで推測していくクリエイターになりたいものです。
将来の夢は・・・と語るすべての我々が、そうでありたい!

ハイティーンにも、クリエイター組織よるクリエイトを、
もっと間近で見たり体験して欲しいと思いますね。
少なくとも私の生まれた田舎ではできなかったことです。
そんなビジネスを、誰か作ってくれ。笑